住まい選びを変える 中古マンション×リノベーション
マイリノ
オーダーメイドで実現する
自分だけのリノベーション

リノベーション事例とお客様の声のご紹介

人が集い、コミュニケーションが生まれる場所

東京都渋谷区(二人暮らし)
  • 工事費
    2,300万円
  • 間取り
    1LDK+WIC
  • 所在地
    東京都渋谷区
  • 専有面積
    83.39㎡
  • 家族構成
    二人暮らし
  • 築年月
    昭和49年6月
  • 1
    一年半かけて見つけた、立地や雰囲気の良さが魅力の物件

    JR中央・総武線「千駄ヶ⾕」駅から徒歩4分、都心でありながら緑豊かで、静かな住環境に佇むマンションです。
    知り合いのマンションを借りて住まわれていたというM様ご夫妻ですが、今回お住まいを購入されたきっかけは何だったのでしょう。
    「資産形成の一環として、いつかは不動産も買いたいと思っていました。物件探しは、スーモやホームズ、アットホームなどを毎日チェックして、新しい物件が出るとExcelに記入し坪単価を比較していました。割安で資産価値がある家を見つけるのは大変で、約一年半で港区を中心に35件程度内見しました。」(ご主人)
    予算・広さ・資産性と、自分たちの暮らし方を重視されていたM様ご夫妻は、リノベーションができる中古マンションに絞って探されていましたが、内見は本当に大変だったといいます。
    「内見って疲れるんですよね。35件ほど内見した中で、買ってもいいかなと思えた物件は3件でした。今住んでいる物件はそのうちの一つです。最初は予算オーバーで諦めていたのですが、内見をして立地や雰囲気、隣に高い建物もなく気に入りました。」(ご主人)
    初めての住宅購入だったこともあり、物件購入から設計施工までワンストップでリノベーションができること、リノベーション費用込みでローンを組みたかったこと、未婚でペアローンを組むためのイレギュラーなローンでも相談ができることからグローバルベイスでのリノベーションを決意されました。
    リノベーションプランの中でも、マイリノbyグローバルベイスとユナイテッドアローズ社監修のリノベーションプラン「RE : Apartment UNITED ARROWS LTD.」を選んだM様ご夫妻ですが、その理由は何だったのでしょう。
    「当初の予算をオーバーしていたので、ハウススタジオとして運用することで、住みながら家にも稼いでもらおうと計画しました。普通の内装にするよりも付加価値を付けたリノベーションの方がスタジオ運用をする上でも良いのではないかと考え、今回のプランに決めました。自分たちとしても上質な空間に住めるのは嬉しいことですしね。」(ご主人)
    「デンマークが好きで、北欧の人々のような住まい方はいつか実現させたいことの一つでした。このリノベーションプランの『家族が自然とつながり、心豊かに暮らせる家』というコンセプトを見たときに、理想にぴったりだと感じ、このプランに決めました。ハウススタジオにするというのは、はじめは抵抗がありましたが、新しい住まい方だなと思い挑戦することにしました。」(奥様)
  • 2
    人が集い、心地よい雰囲気が醸し出される、1LDKの広々空間


    本写真のインテリア家具、照明ペンダント、備品小物関係は施主様選定のもので、ユナイテッドアローズ監修は内装デザインのみ。
    ご希望の方にはプランに合わせたインテリア監修まで可能。

    続いては、リノベーションでこだわったポイントやお気に入りのポイントをお聞きしました。
    「リノベーションでは、LDKを広く取るために1LDKの間取りにすることと、取り入れる設備などは予算と相談しながらも、後悔のないよう本当に良いと思えるものを選びました。特に、キッチン設備はデザイン性の高い海外製品を中心にたくさん調べ、比較的手の届く価格の製品を導入しました。料理好きなので大満足です。
    今まで住んでいた家のキッチンはリビングから離れていて、壁を向いて料理をするようなタイプだったのですが、今回、対面キッチンにしたことで、リビングダイニングにいる人と会話をしながら料理や洗い物ができ、疎外感なく過ごせて嬉しいです。
    当初、床をヘリンボーンにするつもりはなかったのですが、ユナイテッドアローズ社さんからのご提案でLDKから洋室まで床全体にヘリンボーンを施していただきました。腰壁部分の塗装も含め、要所要所に手仕事を感じることができ、心地よい空間になりました。」(奥様)
    「キッチンは、収納も多くデザイン性も高いので、ハウススタジオの撮影の際にも活躍してくれそうです。また、造作ということもあり既視感のない仕上がりが気に入っています。」(ご主人)
    実際にお住まいになってからは、心境の変化とともに、これからの楽しみも増えたというM様ご夫妻。
    「住み始めてから1ヶ月程度が経ちましたが、これまでよりも人を招きやすくなったと感じています。キッチンにこだわったので、友人たちと美味しい食事を囲みたいですね。」(ご主人)
    「家族や友人が集うことでさらに良い雰囲気が醸し出される空間だなあ、と実感しています。また、無垢の床や自然素材を施したため、温もりを感じられることも毎日のよろこびのひとつです。無垢の床を裸足で歩くのは気持ちがいいですね。」(奥様)
  • 3
    衣食住だけではない用途を見つけることで、家探しが楽しくなる

    最後に、これからお住まいを購入する方に向けてアドバイスをいただきました。
    一つ目は、衣食住だけではない用途を見出すこと。
    「『都心で家を買う』というのは高い買い物なので、衣食住だけではない用途を見出すことで、家を買うことがより楽しくなると思っています。私たちの場合は、人が集う場所や、ハウススタジオとして活用することです。他にも趣味に没頭するアトリエのような空間にしたり、副業の場所にしたりするのも良いと思います。今までは外に出かけて楽しむことができましたが、今は家で過ごす時間が増えているので、そういった『住む以外の用途』があることで暮らしが豊かになりますね。」(ご主人)
    二つ目は、物件購入時に価格交渉をすること。
    「売主さんへ手紙を書いて価格交渉をしました。物件価格だけで予算オーバーだったこともあり、『リノベーション費用も考えるとこの金額が限界で…』と正直に書きました。加えて、長年住まわれた家には愛着があるだろうと思い『大事にされていた場所だと思いますので今後は私たちが大切に使います』という内容を書きました。」(奥様)
    三つ目は、不動産会社を比較して決めること。
    「購入の場合、賃貸よりも長い期間お世話になるので、不動産会社選びは本当に大事だと思いました。内見をした際、不動産会社さんと話が合わない時や少しでも違和感がある場合は、無理に関係性を続けない方がいいと思います。『この人とならしっかり話せる』という感覚を大事にした方がいいなと思いました。私たちも初めてのリノベーションだったので、部材選びなど、着工後に不安になる瞬間もありましたが、今まで何件も物件を見てきた営業担当者さんからの『大丈夫ですよ、かっこよくなりますよ』という言葉には安心感がありました。遠慮せずに相談できる相手がいたことはとても心強かったです。」(奥様)
    物件探しの段階から役に立つ、とても貴重なアドバイスをいただきました。
  • 好きな場所が増えていく街「千駄ヶ谷」

    M様ご夫妻のお住まい周辺は、とても静かで落ち着いた住環境です。
    新宿御苑の入り口まで徒歩5分、原宿や表参道、外苑前へのお散歩も楽しいと話してくれました。
    お買い物は、以前のお住まいから愛用していたスーパー「オーケーストア」、ウインドウショッピングが楽しめる「成城石井」、35年前から値段を変えていないコーヒーショップへ行くなど、お気に入りのお店も多数教えていただきました。
    「好きな場所がちょっとずつ増えてきました。」というM様ご夫妻。これからの暮らしも楽しみですね。

    「RE : Apartment UNITED ARROWS LTD.」特設サイトはこちら▼

リノベーション内容
  • ヘリンボーン・フローリング新規貼替
  • 壁・天井クロス新規貼替
  • サイルストーン新規貼替
  • 腰壁・モールディング新規取付、塗装
  • 給水管・給湯管新規交換(専有部)
  • 建具・収納等新規交換
  • 照明器具新規設置
  • TOTO製洗浄便座付トイレ新規交換
  • オリジナル化粧台新規交換
  • LIXIL製追焚機能付ユニットバス新規交換(浴室換気乾燥機付)
  • オリジナルシステムキッチン新規交換(人造大理石トップ)
  • 造作カップボード新規設置
  • 給湯器新規交換
  • TVモニター付インターホン新規交換

気になることがあればお気軽にお問い合わせください。リノベーションアドバイザーが何でもお答えいたします。(10:00-19:00)